東京零参

2014年09月03日 22:56

下北沢のカフェで
君からの曖昧な
2回目の告白

濡らした指先描く
テーブルに"OK"のサイン

ぎこちなく手を繋いで
すれ違う恋人たちみたいに
絡ませる指先
まだ少し恥ずかしくて
そっぽ向いた

男の子って どうせ
ポニーテールが好きなんでしょ?
って 結べない長さのボブで
いじけてみた

もてあましたアイラブユー
なんかもう...
全部投げ出しちゃおうかなぁ


三講目 うたたねしてる背中に
すこしだけ 罪悪感


思春期 通り抜けたはずの
わたしの悩みごとは尽きない