Phonograph

2014年04月27日 23:03

Nの付く街
参番通を走る
豊かな髪
赤いコート
ふるえてるくちびる


わたしはあなたを
なぐさめてあげられないの
ごめんねのひとこと
いえなくなってしまったの


こじらせた風邪みたいに
ほどけないきもち
サラダを食べたかったな
可愛いキャンドルを
もう一度灯してみたかったな


泥水が撥ねても
わたしはよごれない
チョークの粉が舞っても
はらわなくていいの


指先は
水のように透けた
誰だってもう
わたしをよごせない
誰だってもう
あなたをよごせない


気高く美しいあなたを
もう誰も傷つけることはできない


回廊を抜けてつぶやくの
あなたの未来が
安らかでありますように


あなたのとなりに
わたしのかわりの
やさしい誰かが
そっとそばにいてくれる
未来が待っていますように