処女航海

2015年01月21日 21:48
長い長い日記を
1ページずつ破って燃やして
わたしは身支度をする
次の時代へ向けて
旅立つための準備中
もう一人のあなたという存在に
名前はたぶんない
だけどさ それはね
どっちもあなたなんだよ
言い訳なんかできないはずさ
 
少しだけまどろんだら
この世界にさよなら
今度目覚める時はもう
この国家も政府も既に解散していて
復興を目指していた都市も
ガイガーカウンターも核シェルターも
野良犬も僧侶も
炎上したツイートも
叩いた人も叩かれた人も
問題発言も擁護派も傍観者も
週末行こうって言ってるテーマパークも
はじめてのデートに選んだ
エミリー・テンプル・キュートのスカートも
今繋がってる友達も
あなたもどこにもいなくて
新しい時代の文明が
既に繁栄しているだろうね
わたしがこんなに大切にしてきて
恐ろしくさえ思っていた
この国の言葉だって 未来の人たちには
きっと通じないよ
 
あぁ生きていくって
あー…ほんとにかなしい
全部全部全部さ
この世はバカみたい
 
吸えないくせに火をつけて
教えられたとおりに
わたしは深く息を吸った
「バニラの味がするでしょ?」って
あの子が笑っていた
 
わたしは帰れない
帰れる気がしない
だけど帰りたい
帰るってどこへ?
ここはわたしの部屋のはずだよ
いまはわたしの時代のはずだよ
ここはわたしの場所のはずだよ
 
もう一人のあなたがあなたに問う。
「お前はあの、詩人気取りの小娘に
惚れているのか?聞いてあきれるな」
 
気持ちの優しいあなたは
ただ、にこにことうつむいて、
黙って靴を脱ぐだけだ。
 
「恋だの愛だの、友人だの娯楽だの、
全てはお前を才能から遠ざける俗物だ。
だいたいにして、お前は同じCDを何枚も購入してどうする気だ?
誰と握手をするのだ?認知欲求か?誰に投票するのだ?
それは何の意味を為すのだ?何においての選挙なのだ?政治か?宗教か?
『いいね!』とはなんだ?『ふぁぼ』とはなんだ?
この世界の人間にとって価値のあるとされる、
くだらない承認欲求か?
いいか。お前が大切にしているものは
全てお前の才能を妨げるものだ!捨てろ!今すぐ!何もかもだ!」
 
もう一人のあなたは死神のように
わたしたちを見下して
にたにたといやらしく笑っている
だけど覚えておいて
既にそれが負けだということを
わたしが生き延びる限り
何であろうとわたしには勝てない
ねぇ、そいつの言う通り
棄てられるものは
ここに全部棄てていくのもいいよ
だけど果たしてそれができる?
あなたにはそれが勇気だといえる?
 
 
「さぁ 殺してみろ。
B級映画の脚本のように、
素人のト書きのように。
ルールは無い。武器は何を使っても良い。
無頼派の小説のように毒殺でも、
またはテロ組織のように化学兵器でも良い。
どうだ。わたしが殺せるか?」
 
 
かわいそうに でも、もう大丈夫
愛してあげるよ
あなたのゴーストも
脱ぎ捨てられた靴も 
もう一人のあなたも
なぜならそれはあなただから
全てはあなたになれない
あなたのかけらだから
どんなに粉々に
この世界に散らばったとしても
一つ一つ大切に拾い集めて
そんな困ったあなたも
優しい優しいあなたも
みんなみんな愛しているよ
 
わたしはいつまでも
古くならない 古くなれない
防火扉のように
燃やされたって歪みもしない
みんなみたいに骨だけでも
残ればいいのだけど
それさえもできない
ビルの屋上から
駅のホームから
飛び降りたらいつの間にか
自分の部屋に座っているの
わたしはリセットボタンを搭載された
この世に唯一の生命
 
いつの時代に目覚めても
生きていくってほんとに悲しい
たくさんのことを覚えて忘れて
時々誰かを愛して まばたきしたら
そこにはもうなにもない
生きていくって…悲しい
それだけだった
 
だけどわたしは
この先時間をかけて
かけられるだけの時間をかけて
世界中に散らばった
あなたの手がかりを探す
 
賑やかな時代を
久しぶりに、送るだろうね