KAWAIIの国

2015年01月02日 18:18
ポケットベルの時代に生まれた
あの頃の日本は
0と1で構築されていた
カセットテープの時代に生まれた
あの頃の日本は
新しい時代の幕開けでした
 
 
男子諸君
わずかに過ごした時間と
感触と温度の記憶で 人を
自分の所有物にでもしたつもりか?
 
 
女子一同
自分の手札は
最後まで見せないように
それがこの世界のルール
 
 
彼は彼女の影を追っている
恋したあの子は男の娘
あなたが見ているのは
わたしの幽霊
そんなことじゃそのうち
本物のわたしに
足元すくわれてしまうよ
 
 
桜咲く
桜散る
わたしは売れる
わたしは買える
わたしは売買される
ショーツも靴下も髪の毛も
紙切れ一枚で取引される
泣き叫んでも
誰も助けてなんかくれない
取り上げないでとわめいても
ありあまる富で取引される
使用済みのティッシュも
血がついた汚物も
何もかも取引される
そうしてわたしのいた場所には
骨の一本も残らない
 
 
憧れのあなたと
時を越えたわたし
お話を交わしたかった人生でした
 
タイム・リープで
時をかけるわたし
あの日 線路を越えられなかったの
 
 
思い切りジャンプした
ここはビルの最上階
処女(おとめ)のからだは
無数の紙幣となって
空中で散らばり
地上では天に手を突き出す人々が
ひしめき騒然としています
 
 
五分に一回
エゴ・サーチで
アイデンティティを構築
クラウド・ファンディングで
みんなみんなみんな援助しまくって
あゝなんて美しい 世紀末助け愛運動 
ここは陽が昇る国
0と1だけで構築された
赤と白の国家