jerryfish.

2014年09月04日 00:22
遊園地に行ったなら 
メリーゴーランドから
あなたに手を振りたいな
雨降りの午後
あなたのそばで眠りたいな
 
 
真夜中の公園、ボート。
かさなる視線。
―あなたと、海月になりたいな
 
 
宝石箱に落とした、
プラスチックの指輪みたいに
みんながみんな、忘れていく…
忘れていく。
 
 
透けていく指先と
四肢欠損した電柱の傷口から
流れ出すデンキ
誰もいない道を照らす。
 
 
水面はハート。
隠したって
あなたの言葉、仕草
たったひとつで
おおきく揺れている。
 
 
日傘に、月の光
わたしは、深い闇で
息をする海月。