蘭鋳

2016年09月25日 19:53
あなたに抱きしめられたら
地球上のあらゆるものに
優しくなれそうなのに
どうしてその効果は
永遠じゃないの?
この間は2週間
その次は1週間
今回は昨日
昨日、昨日、昨日
触れていたばかりなのに
わたしの頭は
ばちんと音を立てて
熟れた果実のように
真っ赤に弾けた
それは幻覚
それも幻覚
 
お願い見捨てないでよ
こんなわたしのことを
こぶだらけの顔をもたげた
蘭鋳(らんちゅう)のことを
ため息で水を汚し 
喰い、眠るだけの、
愛玩という存在の
こんなわたしのことを
 
わたしがはねた水が
あの子の目に入って
視力を奪ってしまったらどうしよう
あなたはわたしの食事の時間を
忘れているのかしら
もしあなたが帰り道で
死んでいたらどうしよう
わたしがすれ違った人と
偶々ぶつかってしまって
もし線路に落ちてしまったらどうしよう
あぁどうしよう どうしよう どうすればいいの
わたしの一分一秒
落ちていく砂時計の粒は
ひとつずつが不安でできている
ひとあし踏み出すごとに
いばらのように悲しみがわたしに絡んで
進路を退路をふさぐ
 
 
死にたいって毎朝
指先で軽やかに呟く
日本の女の子たちは
どうして実行に移さないのかしら
みんな生きていたいと思ってるのね
みんな生きていたいと思ってるんだろ?
みんな生きていたいと思ってるくせに
おかしい!おかしいよ!
だけどわたしには
言葉が無いので
そう声を上げることもなく
ただ ぶくぶくと泡を吐く
 
 
生きていたいならそう言いなよ
わたし死にたくないって
泣き喚いて
命乞いしなよ
 
 
あなたたちと違って
言葉も涙もない
わたしには
それすら
叶わないのだから
 
 
わたし らんちゅう
お祭りのプール
すくわれるの待ってる
 
わたし 金魚
水しぶきはねて
浴衣の袖濡らした