evergreen

2015年11月13日 22:29
破り捨てた明日と
経血の染み込んだ真綿
恋の相手は
あの子がいいはずなのに
わたしのからだは
野蛮な男の子をもとめていた
 
線路の上で 終末を待ったわたしは
75番目の世界へと到着
 
山は空高くそびえ立ち
白くたなびきたる雲を
その柔肌にまとう
 
わたしの家が見える
なつかしい みどりの屋根
わたしの通った 学校も見える
廊下で渡されたラブレター
返事をしないままだった
 
みんな 楽しそうだね
みんな しあわせそうだね
わたしも うれしいよ
 
 
ひとつ ふたつ 星座が消えた
明日にはもう 忘れてしまうね